いのちより大切なもの 18100

いのちのことば社,星野富弘

¥ 1,320 税込

商品コード: 2006

キリストの香り漂う詩画27点と「いのちより大切なもの」についてのエッセイとロング・インタビューに加え、絵とことばのコラボ14点を収録。
単行本で未発表の詩画や絵を多数収録。

星野富弘(ほしの・とみひろ)
1946年、群馬県に生まれる。70年、群馬大学を卒業後、中学校の体育教師となるが、指導中に頸髄を損傷、首から下の自由を失う。9年間の闘病生活中に、口に筆をくわえて詩や絵を描き始め、82年に初の詩画展を開く。91年、故郷の東村(現・みどり市)に富弘美術館オープン。現在も詩画や随筆の創作を続けながら、国内外で「花の詩画展」を開いている。

数量