神の和の神学へ向けて

新教出版社,宮平望

¥ 2,640 税込

商品コード: 3905

キリスト教の核心的な教理とされる三位一体論は、古代ギリシャ・ローマ世界で形成されたいわば偶然の産物だった。もしも聖書が古代日本で受容され、日本で神学が展開されたとしたら、神論はどのような形をとっただろうか?
聖書が証言する神を、日本的な思考と感覚をとおして表現し告白しようと試みる、まったく新たな神学の冒険。

数量